豊中補聴器センタースタッフブログ

タンザニアの思い出vol.1

●担当: もりぞー 2018年01月06日

 

(2002年2月タンザニア共和国リンディ・セカンダリー・スクールにて。ひげ面ですが、水道がなく衛生面でかなり過酷でしたのでお風呂もなかなか入れませんでした。)

 

 

 

こんにちは!

15年以上前の自分の方が老けている気がして複雑な気分のもりぞーです。

 

いきなりですが、上の写真は22歳のもりぞーinタンザニアです。

 

 

(ゴーストタウンみたいですが、リンディ市のメインストリートです。懐かしい!)

 ※Wikipediaより引用。

 

 

ありがたいことで、最近チラシやパンフレットに記載している私のプロフィールについて、お客様からお尋ねいただくことが増えてきました。

 

 

もうかなり昔の話ですが、22歳のちょうど大学を卒業する直前に、アフリカ(タンザニア)旅行を通じてキリマンジャロ登頂や演奏旅行(といっても全然大したことありません笑)など、語りだすと止まらなくなるぐらいの体験ができました。

 

 

不定期ではありますが、何回かに分けてこのブログでお話しようかなと思います。

 

 

 

前置きがすごく長くなってしまいましたが、冒頭の写真は、私が滞在したリンディ市に唯一ある中学校内での記念撮影です。

 

 

この学校には音楽教師がいなかったので、この街に滞在した1週間音楽教員の真似事を(ほぼ勝手に)行っていました。

 

といってもギター片手に弾き語り程度でしたが、最終日は全校生徒を集めてタンザニア国歌斉唱をさせてもらいました。音楽教師がいなかったため、皆アカペラだけで歌っていたのですが、その日1日限りですがコード進行を付けてギター伴奏しながら一緒に歌わせていただきました。

 

 

うーん、なかなかウル〇ン滞在記のようなことをしてますねー笑

 

 

他にも

・もりぞーコブラのいるサバンナで野宿編

・もりぞー氾濫した河の中を泳いで渡る編

・紅茶を飲むときはハエを払いながら編

・自治区へ入国の際、入管で憲兵とハラハラ尋問タイム編

 

などなど、ご要望に応じて少しづつお話しようかと思っていますので、こうご期待ください。

 

もりぞーでした♪

 

 

●担当: もりぞー ●カテゴリー: スタッフのつぶやき
Scroll Up