取扱商品

目立たない補聴器!おしゃれな補聴器!

目立たない補聴器!おしゃれな補聴器!

補聴器の性能が非常に高くなり、音質面はもちろん、サイズやデザインもずいぶん変わりました!つけていることが他人から気付かれないものから、誰かに自慢したくなるようなおしゃれな補聴器までございます。

タイプ別補聴器の特長

箱型(ポケット型)タイプ

補聴器 箱型(ポケット型)タイプ

ラジオのように本体からイヤホンコードがあり耳栓を耳に挿入するタイプです。(42,000円~)

長所
  • 本体が大きく操作がしやすい。
  • 電池は単3または単4を使う物がほとんどで大きい電池を搭載するので電池の寿命は長い。
  • 比較的お手頃価格なものが多く軽度から重度難聴までの種類がある。
短所
  • コードが邪魔になる。
  • ポケットに入れて使うことが多く衣擦れの音を拾うことがある。
おすすめのポイント
コードが邪魔になることから活動的には使いにくいタイプですが、ベッドでの生活時間が長い人にとっては非常に使いやすいです。デジタル処理の補聴器も登場しました。

耳かけタイプ

耳かけタイプ

耳の後ろに乗せてチューブを使って耳栓を耳に入れて使用します。マイクが耳の上につくので箱型より音質は自然です。(50,000~円)

長所
  • 耳栓部分が既成のものからオーダーまででき、補聴器本体以外に耳栓での工夫により音質チューニングが可能。
  • カラーバリエーションや形・大きさのバリエーションはもちろん聴力的にも幅広く対応できる。
短所
  • 耳に乗せて使用するため、汗の多い人には故障が起きやすい。
おすすめのポイント
自動で会話にピントを合わせる指向性(マイクが音を拾う方向)のついているタイプは非常に良いです。冬場は汗のことを忘れがちですがここは注意ポイントです。

耳穴タイプ

耳穴タイプ

外からほとんど見えない超小型のものから、取り扱いのしやすい大きなものまであります。マイクが耳の中にあるため音質は自然です。(98,000円~)

長所
  • マイクが耳の中にあるため音質は自然。
  • 比較的目立たないものが多い。
短所
  • 耳垢がやわらかい方は本体に入りこんで故障しやすいので適さない。
  • 既成のタイプは形が合わずハウリングしやすい。オーダーは比較的高価なものが多い。
おすすめのポイント
耳垢に問題がなく重度難聴でなければおすすめです。低域が比較的正常に近い場合は、空気穴を大き目にしてもハウリングしないものが出てきています。

新タイプ

新タイプ

各社から、外部レシーバー方式やマイクがケーブルで外に出ているものなど、目新しい商品が多数出ています。
おしゃれ要素・音質改善・快適性を目指しています。(170,000円~)

補聴器用電池

耳穴タイプ

毎日使う補聴器だから消耗品の電池は少しでもお安く提供したい。
そんな思いから当店ではいつでも特価!

1パック(6個入) 500円(税込)